リアルでおしゃれな庭を実現・人工芝の施工販売は芝人(しばんちゅ)

愛知県豊川市大橋町2-10 全国対応

⼈⼯芝は正しく使えば⾍は湧きません。(ゴキブリも)【具体例】

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月01日

ベランダや庭で人工芝を使いたいけど、ゴキブリ虫が沸いたりしないの?

今回はこういった疑問に答えてきます。

  1. 本当に人工芝には虫が湧かないのか
    1. 餌がない
    2. 風通しが良すぎる
    3. 日光が当たらない
  2. 虫が出ない正しい人工芝の使い方
    1. 庭の場合
      1. 下地の土の性質
      2. 施行前の整地
      3. 近所や敷地内に畑やプランターがある
    2. ベランダの場合
      1. 水捌けの良い人工芝を選ぶこと
      2. こまめに掃除を行うこと
      3. 鉢植えを置かない(虫除けハーブは除く)
    3. まとめ

    本当に人工芝には虫が湧かないのか

    人工芝は正しく使用すれば虫がほとんど湧きません。

    と言うのも人工芝ならではの利点があるからなんです。

      以下の3つについて説明していきます。

    • 餌がない
    • 風通しが良すぎる
    • 日光が当たらない

    餌がない

    ※人工芝は虫でも食べれません。

    基本的に、人工芝の材質はプラスチックです。

    たとえ害虫(ゴキブリやムカデ等)であっても、プラスチックの人工芝には寄り付きません。

    ペットボトルを置いている場所に、わざわざ虫が寄ってくることはないですよね?

    つまり、綺麗に使っていれば虫は湧きません。

    風通しが良すぎる

    川砂のような排水性の高い土であれば虫は寄ってきません。

    といのも虫が寄ってくる原因の一つが土の中の「湿気」だからです。

    ということで排水性の高い土(砂)はコチラ↓

    • 川砂
    • 山砂(DIY向けの砂)
    • コンクリートの材質の砂

    よかったら参考にしてみてくださいね。

    日光が当たらない

    日光ゼロで生きていける虫は少ない

    人工芝の下の地面ではほとんどの虫が生きていけません。

    というのも人工芝の下の地面は日光が届かないので、多くの虫たちが生きていけない環境になります。

    ※人工芝には排水用の小さな穴が開いているが、下に引く防草シートで穴を塞ぎ、日光を遮断する。

    なので、人工芝の下は虫が住み着きにくい環境になるということです。

    虫が出ない正しい人工芝の使い方

    人工芝には使うべき場所・使い方があります。

    正しい使い方で人工芝を使うことができれば、虫(ゴキブリ・ムカデを含む)はほとんど発生しません。

    ということで、「人工芝に虫が湧かないために抑えるべきポイント」について説明していきます。

    • 庭の場合
    • ベランダの場合
    • その他の場合

    庭の場合

    庭での人工芝の使用で注意すべきポイントは3つあります。

    • 下地の土の性質
    • 施行前の整地
    • 近所や敷地内に畑やプランターがある

    地の土の性質

    虫が好む土が下に敷き詰められてたら意味がありません。

    どれだけ上から良質で水捌けの良い砂を敷き詰めても、その下に虫が好む土があったら虫が湧きます。

    具体的には以下の3つの特徴のある土です。

    • 水分をしっかり吸い込む
    • 乾きにくい
    • 粘土質の土

    なので下地には、前述の「風通しが良すぎる」で紹介した水捌けの良い砂を活用しましょう。

    施行前の整地

    人工芝の整地に不安がある人はプロに頼みましょう。

    施行前(人工芝を張る直前)の整地が非常に重要です。

    もちろん慣れない初心者が行っても、施行直後はきれいに見えます。

    しかし、雨が降ると雨水を含んで地表が凸凹になってしまい、水捌けが悪化するんです。

    なので整地や施工はなるべくプロに頼みましょう。

    近所や敷地内に畑やプランターがある

    この場合は虫除け効果のあるハーブを置いたり、虫除けグッズで防ぎましょう。

    ご近所さんが家庭菜園に励むのは素晴らしいことです。

    でも、そこから虫が来るのだけはなんとかしたいですよね。

    ちなみに虫除け効果のあるハーブをいくつか紹介していきます。

      • 蚊連草(サザンウッド)

    蚊を避けるならコレです。

      • ニーム

    害虫避けに良いです。
    煮出して散布するのも効果大。

      • スペアミント

    ゴキブリが嫌いな香りです。

    ハーブはやはり匂いが鍵となるので植えずに鉢植えでOKです。

    ベランダの場合

    ベランダで注意すべきポイントは2つあります。

    • 水捌けの良い人工芝を選ぶこと
    • こまめに掃除を行うこと

    水捌けの良い人工芝を選ぶこと

    種類としては「透水タイプ」と呼ばれるものがオススメ。

    このタイプは人工芝に水を溜め込まないための「穴」が空いています。

    なので、雨水が残りやすいベランダでも水捌けが良い状態で使うことが可能です。

    こまめに掃除を行うこと

    放棄や掃除機、ブラシなどの利用がおすすめです。

    ゴミが残ると虫の餌になったりしてしまうので、掃除を行うことが重要になります。

    鉢植えを置かない(虫除けハーブは除く)

    ベランダには鉢植えを置かないようにしましょう。

    ベランダが寂しいからと鉢植えなどを置いてしまうと虫が沸いてしまいます。

    どうしてもと言うときは少ない数の鉢植えだけにして、防虫対策をしっかり行いましょう。

    まとめ

    今回はゴキブリなどの害虫を含めた「虫除け」についてお伝えしました。

    ○本当に人工芝には虫が湧かないのか
    ・餌がない
    ・風通しが良すぎる
    ・日光が当たらない
    ○虫が出ない正しい人工芝の使い方
    ・庭の場合
     →下地の土の性質
    →施行前の整地
    →近所や敷地内に畑やプランターがある

    ・ベランダの場合
     →水捌けの良い人工芝を選ぶこと
    →こまめに掃除を行うこと
    →鉢植えを置かない(虫除けハーブは除く)

    ベランダでも庭でも基本的には、水捌けや整地などが虫除けの鍵になります。

    人工芝の庭やベランダで快適に過ごしていただくためにも、虫除けは徹底していきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

pagetop
商品一覧

TEL 0120-48-1148

OPEN 09:00~17:00 (土日祝休み)

商品一覧
お電話