人工芝の加工、販売、施工までを行う人工芝専門店です。
0120-48-1148

便利!人工芝はサンプルだけ請求・お取り寄せできるって知ってた?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月28日

今では、ネット通販で買えないものはない!と言っても過言ではないほど、様々なものが通販で手に入れられるようになりました。

とはいえ、「ネットの情報だけじゃわからないから、実際にものを見てから購入したい」というものがあるのも事実ですよね。

特にコストがかかる、つまり高いものであれば失敗したくないですからなおさらです。

人工芝も、敷く面積や商品によりますが「失敗したくない買い物」のひとつではないでしょうか。ネットでたくさんの人工芝を買うことは出来ても、それが自分の好みに合うのかどうか、確かめられればいいのに…と思いますよね。

そこで活用していただきたいのが「サンプル」です。

ほとんどの人工芝はサンプル請求が可能!

意外とご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は多くの人工芝を販売しているメーカーがサンプル請求に対応しています。

サイズなどはメーカーによりますが、8cm角や10cm角の大きめのコースターサイズくらいのものであったり、A4サイズくらいであったりと様々。

サンプルに対応していない商品もあったりしますが、そのメーカーの主力商品や売れ筋商品であれば必ずサンプルとして請求出来るはずです。

サンプルの他、人工芝に関する基礎知識であったり、人工芝を敷く際の施工の流れなどが解説されているパンフレット・リーフレットが同封されていることが多いですね。

サンプルは無料?有料?

気になるのが、サンプルは無料なの?それとも有料なの?という部分。

こちらもメーカー(あるいは販売店)によるのですが、「無料で請求可能」「商品によっては有料」「有料で請求可能」の3パターンにわかれます。ちなみに当社はすべて無料でサンプル請求していただけます(メール便に限ります)。メーカーによっては有料でお取り寄せサービスを提供しているところもあるようです。

無料でサンプルがもらえるところよりも、有料でもらえるところの方が質がいいのかな?と考える方もいると思いますが、こればっかりは「メーカーによる」という感じなので、無料だから品質が低い、ということはありません。

有料しかサンプルがない場合、「どうしても気になる」というお店でないと手を出しにくいというデメリットはどうしても発生してしまいますよね。

サイトなどの情報を見て「有料でもサンプルが欲しい」と思うものであればどんどん請求してもいいかと思います。

サンプルを請求してからどのくらいで手元に届く?

こちらもメーカーによりますが、サンプルを請求してから、大体1週間~10日くらいで手元に届くことが多いようです。

早ければ3日ほどでつくこともあるようですが、大体1週間くらい待つ、と考えていればよさそうですね。

サンプルが届いたら比較してみよう!

サンプルが届いたら楽しんで終わりではありません。

多くの方が、人工芝を探したなかでいくつか「候補となる」ものが出来、そのサンプルを請求することになるかと思います。

つまり、複数メーカーのサンプルが手元に届く、という状況ですね。

口コミ・レビューやネット上の情報(画像など)ではわからなかったものがわかるのが、実物サンプルです。

サンプルが届いたらやるべきこと…それは「比較」です。

自分の家の庭にふさわしいのはどの人工芝なのか…を決定する必要がありますから、しっかりとサンプルを利用して比較してみましょう。

サンプルで比較するべきポイントその1:色

まず比較するべきポイントは「色」です。

人工芝といってもメーカーによって様々な色合いが出ています。同じメーカーでも商品によって色合いが違う、ということも十分にあります。

黄色みが入っているような色合いのものもあれば、美しい深い緑色が魅力的なものもあるでしょう。

どちらがいいのかというよりは、「どちらが自分の考える芝生に近いのか」が重要です。また、庭やベランダの雰囲気など、「人工芝を敷く環境にマッチしている色はどれがいいか」を比較してみましょう。

ただ置いてみるだけでなく、光があたった際の色味も見てみましょう。

人工芝は当然人工物で、芝葉部分はポリエチレンなどで出来ています。そのため商品によっては光を反射してちょっと「人工感」が出てしまうケースも。

そのあたりもどうなっているかきちんとチェックしましょう。

サンプルで比較すべきポイントその2:感触

触った際、踏んでみた際に感触がいいと感じられるものを選びましょう。

また、パイル(葉の部分)の長さによる感触の違いもしっかりとチェックしておきたいところです。

40mmや35mmなど、様々な芝の長さがあるので、自分に合った長さはどれか?と目安をつけることが出来ます。同じ長さでもメーカーによって感触が違う、というのはよくあることです。

寝転がりたい、踏みしめて気持ちよさを感じたいなど、自分のしたいことにあわせて、それに合った感触のものを選びたいですね。

サンプルで比較すべきポイントその3:芝目・芝密度

毛布などに毛の流れがあるように、人工芝にも芝の流れ(芝目)があります。芝目の逆から見ると一番リアルに見えますので、同じ方向から見て比較するようにするといいでしょう。

芝密度は、その名の通り芝葉の密度のことです。芝自体の弾力性に大きな差が出ます。

密度が高いほど弾力性があり、葉の部分が寝づらくなりますので、長くふかふかを楽しみたいという方は芝密度が高いものを選んでみてはいかがでしょうか。

逆に芝密度が低いものは葉の部分が寝やすくなります。このあたりも好みで…という感じになりますが、一般的には芝密度が高いほうが高品質、とされることが多いですね。

サンプルで比較すべきポイントその4:見た目

見た目、というと色味のこともそうではあるのですが、芝葉自体の形・太さもぜひチェックしていただきたいポイントです。

芝葉が太くてしっかりしているものがいいのか、細めでふわっとしたものがいいのか、芝葉の形状で感触にも差が出てきます。

また、芝葉の根もと部分にもベージュ色や緑色の短い人工芝があり、色の比率や密度であったり、カールさせてふわふわ感を出していたりと、メーカーごとの工夫が見られる部分でもあります。
細かい部分ではありますが、そのあたりも見てみてください。

加えて、人工芝を敷く面積にこの芝が敷かれるとどうなるか…と想像することも大切ですね。

いきなりの施工はギャンブル。まずはサンプルを請求してみて

人工芝は安価なものであれば100円均一でも買うことが出来ますが、芝生のようなリアルなものを求めるのであれば、それ相応のコストはどうしてもかかります。

「まあこれでいいでしょ」としっかり比較をせずに商品を購入し、いきなり人工芝を敷いてしまうのはギャンブルに近い行為です。

せっかく様々なメーカーがサンプルを提供してくれているのですから、実際に商品を見て比較し、「これだ!」と思った商品を購入することで後悔する可能性はぐっと下がります。

また、請求したサンプルはコースターとして利用したり、棚の上にちょっと飾るだけでオシャレなインテリアとしても使えます。

もらったあとでも使いみちがある人工芝サンプル、興味がある方は無料のものから請求してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  • 無料サンプル請求・お見積りはコチラ
  • 0120-48-1148