人工芝の加工、販売、施工までを行う人工芝専門店です。
0120-48-1148

人工芝はラグマットとしても活用できる!活用方法まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月27日

人工芝はお庭に敷くなど、いわゆる屋外で使うもの…と思っていませんか?

「そもそも芝って屋外にあるものでしょ?」と言われたら確かにそうなのですが…最近では、インテリアとして人工芝を利用している方も増えてきているんです。

いわゆるカーペットやラグと同じように人工芝を使うというわけですね。

とはいえ、人工芝を家の中に敷くとしてもどんな場所に敷けばいい?どういった使い方(目的)で敷くと効果的…?などなど、わからないこともたくさんあるのではないでしょうか。

そこで今回は、人工芝を家の中に敷く「ラグマット」としての活用法をご紹介したいと思います。

人工芝は外だけのものじゃない!ラグとしても使える

人工芝はベランダや庭に敷くだけのものではありません。

最近では毛足の長いラグ(シャギーラグ)がインテリアとして人気ですが、人工芝もそのシャギーラグのように使うことが出来ます。

本物の芝を家の中に…なんてことは非常にハードルが高い行為ですが、人工芝であればマットやカーペットと同じように簡単に敷くことができちゃいます。

さらに、まさに「芝」といった緑色(草色)だけでなく、赤や白、ブラウンやグレー…といったオシャレなカラーの人工芝も売られていますので、人工芝の感触も楽しみたいけどインテリアとしてカラーにもこだわりたいニーズにも応えることが出来ます。

パイル(芝葉)の長さも様々なので、より自分好みの商品を見つけやすい、という意味でも人工芝はかなりメリットがあるといえるのではないでしょうか。

また、人工芝はカーペットに比べて通気性がいいのも特徴のひとつ。

夏でも涼しく、また見た目も芝ということで涼しい…と一石二鳥です。

リビングに敷いてリラックススペースに

人工芝をインテリア・ラグマットとして使用する場所の代表例は、やはりリビングではないかと思います。

リラックスするスペースに人工芝を敷くことで、ふわふわな感触を楽しむことが出来ます。

最近ではフローリングのお家も増えていますが、寝っ転がるとなるとかたくて痛いですよね…。その点人工芝なら、パイルの長めのものを選べば寝転がってもとっても気持ちいいんです。

天然の芝ではないものの、その感触やリラックス出来る効果はラグマットと比べてもかなり高い、と言えそうです。

芝生の上に寝転がりながらテレビ…なんて、想像しただけで至福の時間になりそうなのがわかりますよね。

もちろんリビング全部でなくとも、リラックススペースとして一部にだけ人工芝を敷くのもいいと思います。鮮やかな緑はお部屋のアクセントにもなりますよ。

ダイニングスペースに敷いて、まるで屋外気分!?

ダイニングスペースにカーペットやラグを敷いている、という方も多いと思います。

その部分を人工芝に変える…なんて使い方も出来ますよ。

柔らかいパイルの人工芝を選べば、裸足で踏んでもふかふかです。雨の日でも、なかなかお出かけが出来ない忙しい時期でも、ちょっと下を見ればピクニック気分になって、気分転換になるかも?

白のウッドテーブルやチェアーと組み合わせるととってもオシャレですよ。

子供部屋に敷いて遊びの空間を

リビングやダイニングだけでなく、子供部屋や子供が遊ぶスペースに敷く、というアイデアもあります。

部屋すべてに敷いて、雨の日でも外での遊びが出来るように…というアイデアもとっても素敵ですし、部屋の一角のみに敷いて「ここならゴロゴロしても大丈夫!」といった、部屋のアクセントにするのも素敵です。

おもちゃ置き場周りに人工芝を敷いて「ここまでならおもちゃを広げてもいいよ」なんてゾーニングに使うのも面白いかと思います。

固い床ですと、おもちゃで傷をつけてしまったり、転んだ際に打ち身を作ってしまう…なんてこともあるでしょう。

人工芝ならふわふわの質感なので、おもちゃを落としてしまっても、あるいは転んでしまってもケガになりづらく、お母さんも安心出来るのではないでしょうか。

フローリングが苦手なペットにも人工芝がオススメ

ペットを飼っているけれど、床が傷つくのが心配だったり、フローリングをあまり好まないのでカーペットを敷いている…という方もいますよね。

そんな時こそ人工芝なんていかがでしょうか。

ペットの遊び場部分を人工芝にする、ペット部屋全体を人工芝にする…など、このケースもリビングや子供部屋と同様に「どのようなデザインにするか」で変わってきますが、人間が寝転んで気持ちいいと思う人工芝は、当然?ペットにとっても気持ちがいいものです。

爪で床が傷つくのも防ぐことが出来ますし、フローリングが苦手そうなワンちゃんや猫ちゃんも人工芝の上なら快適に過ごせるかも…?

ドッグランを人工芝で作る方も多いとか。近くにドッグランや公園がないという方も、人工芝をうまく使えば家の中に遊び場所を作ることが出来るかもしれませんね。

他にもこんな場所に人工芝を敷くのもアリ

ざっと主な人工芝をラグマットとして使うアイデアをご紹介してきましたが、まだまだ他にもあります。

例えば、玄関の靴を脱ぐ部分に人工芝を敷いて、アウトドアな印象を出しつつオシャレ感を演出…なんてことも出来ます。玄関は汚れやすく掃除しにくいため、人工芝を敷くことで汚れも目立ちにくく掃除しやすくなるので、おすすめですよ。階段にマット代わりとして敷くなんてアイデアもあります。

いずれも芝の素材感と緑のカラーがアクセントとなり、ぐっと「ナチュラル」な印象が増します。

インテリアをモダンなもので揃えているお家でも、人工芝をアクセントとして入れることでどこかナチュラル感がでて、ワンランク上のオシャレな雰囲気を演出することが出来ますよ。

トイレの床に人工芝を敷くというアイデアもあります。

トイレのデザインはどうしても似たような感じになりますし、ナチュラルな雰囲気の空間にしたい、と考える方も多いですよね。

床が人工芝になるだけで雰囲気がガラッと変わりますし、お手入れもしやすいので、試す価値アリかもしれません。

余った人工芝はどうする?インテリアとしての活用法

人工芝は主に、タイルをつなぎ合わせるような「ジョイントタイプ」と、大きなカーペットのような「ロールタイプ」の2種類があります。

ロールタイプのものはハサミやカッターで好きな形に切ることが可能で(ジョイントタイプでも切れるものもあります)、より自由に使いたい、コストを抑えたい(ジョイントタイプの方が価格が高めの傾向にあります)、広い面積に敷きたい…という場合はロールタイプがオススメです。

しかし、敷きたいところに敷いてもあまりが出てしまった、部屋に合わせて切ったら余分が出来た…ということもあるでしょう。

でも、そのまま捨てるのはとてももったいないことですので、うまくアレンジして活用してみてはいかがでしょうか。

簡単なのは棚などの上に敷くこと。それだけで印象がかなり変わりますし、ふかふかなので物を置くにもマット代わりになって便利です。

他にもコースターやランチョンマットにするなんてアイデアも。パイルが長いとちょっと使いづらいかもしれませんが、身近に緑があるようでリラックス効果も高そうです。

他には文字の形に切ってウォールデコレーションを作ったり、コルクボードと組み合わせてナチュラルなインテリア装飾を作る…などなど、使いみちはかなりのものです。

ネット上にもたくさんアイデアがありますので、余った人工芝を是非色々な形でアレンジして楽しんでいただきたいですね。

室外だけでなく室内でも有効!人工芝の使い方はいろいろ

「芝」そのもののイメージから、屋内よりはやはり屋外をイメージしてしまうものですが、人工芝であれば家の中に土を敷く必要も芝を育てる必要もなく、手軽に「芝」を楽しむことが出来ます。

自分のイメージや趣味、好みやライフスタイルに合わせて好きなところに好きなだけ、インテリア・ラグマット代わりに人工芝を使うことで、オシャレな印象と快適な空間を手に入れることが出来る、といっても過言ではありません。

家の中にもっと緑を取り入れたい、ふかふかな草のマットに寝転んでみたい…という方は、人工芝を取り入れてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  • 無料サンプル請求・お見積りはコチラ
  • 0120-48-1148